振袖の選び方ポイント||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和装レンタル

振袖の選び方ポイント

成人式や結婚式のお呼ばれで着用する振袖はとても華やかで、選ぶときもワクワクしますね♪

でもいざ選ぶとなると色や柄がたくさんありすぎて、どんな振袖が自分に合うのか分からない!なんてことになりがち。

 

せっかくなら自分に一番似合う振袖を選びたいですよね。

そこで、ここでは自分の魅力を引き出す振袖の選び方のポイントをご説明していきたいと思います!

 

 

2.ポイント1*自分の体型に合う色や柄を選ぶ

まず振袖を選ぶ前に自分の体型をチェックしましょう。

振袖選びには、自分の体型に合う色や柄を選ぶことが重要なポイントです。

 

たとえば背の小さめの方が濃いめの色を着ると、実際の身長よりも低く見えたりすることがあります。

 

 

ほっそりさんはピンク系の優しい色合いがおすすめ

体型がやせ型の方には寒色系は向きません。

余計に細く見せてしまうため、

温かみを帯びたピンク系がおすすめです。

ほどよくふっくらとした印象を与え、丸みを帯びた女性らしいラインに見せてくれます。

 

柄も全体に華やかな柄が全体にちりばめられたものがおすすめ。

帯も身体のラインにボリュームを持たせるよう華やかに大きな結び方にしましょう。

 

 

 

ふっくらさんは、シンプルデザインの振袖を

暖色系は膨張色なので、ふっくらさんが着るとよけいにふっくらとした印象を与えるので注意!

濃い目の色合いを選んでスッキリとシャープに見せましょう。

明るめの色を選ぶ場合は、色柄の一部に黒や紺などの濃い色が入ったものにすると引き締まります。

 

またデザインもふっくらさんにはシンプルなものがおすすめ。

柄が横に広がりすぎていると膨張した印象を与えてしまいます。

横方向に広がる柄は避け、縦方向にスッキリと伸びるデザインのものを選びましょう。

上半身には柄が少ないものなどを選ぶと、体のラインも縦方向にバランスが取れて見えます。

 

帯は小さく結ぶとかえって腰回りのラインが強調されるので、

華やかでボリュームのある飾り結びにして、腰回りをカバーする方がおすすめです。

 

神社仏閣一覧はこちら

 

小柄な方は小さな柄の明るい色を

背が低い方の魅力は可愛らしいこと。ですから、キュートな印象の振袖を選びましょう。

まず、地色は明るく柔らかい色味にし、小花柄など小さな柄の着物にすると可愛らしさが引き立ちます。

柄行きは全体的ににぎやかなものにし、小柄な人ならではのあどけなさや無邪気さをアピールします。

背が低いと大ぶりな柄は柄が出きらないので、かえって背の低さを目立たせてしまいますから注意しましょう。

 

背の高い方は大胆な柄でクールに

背が高い方は、中背の人が着こなすのがなかなか難しいようなデザインでも似合うのが強み。

大ぶりで目立つ柄や、シャープで個性的な柄なども素敵に着こなせます。

今流行りのレトロなデザインのものも背が高い方にはよく似合いますね。

 

逆に小花柄や淡くて優しい色合いの振袖は、全体的になんとなくぼやけた感じになりがちです。

間延びした印象を与え、背の高さが強調されてしまうこともあるので避けた方が無難でしょう。

 

ピンク系の着物を着たい場合は、淡い色合いよりも濃い目のぱっきりとしたピンクがおすすめです。

大ぶりな柄を大胆にあしらったものなど、他人とは違う個性的な着こなしを楽しんでみましょう!

 

 

3.*ポイント2*自分の肌色に合った色を選ぼう

着物で柄と同じように大切なのが色。

洋服と同じく自分のパーソナルカラーに合った色を選ぶことが大切です。

 

パーソナルカラーとは自分の本来の肌や瞳、髪の色などに調和する色のこと。

自分の好きな色やよく着る色よりも実は自分にピッタリ合うこともあるので、

自分の魅力をさらに引き出すためにもパーソナルカラーを知っておくことは重要なポイントです。

 

黄みが強い人は暖色系

黄みが強い顔色の人にはイエロー系や暖色系がよく似合います。

健康的な印象を与えるので、はっきりとした色味の方が全体的なバランスがよく見えます。

 

青みが強い人は寒色系

色白さんは比較的どんな色も合いますが、中でも寒色系や淡いパステルカラーを選ぶとより肌の白さが引き立ちます。

 

4.【ポイント3】自分がなりたいイメージやこだわりを明確にしよう

なりたい着物姿のイメージをはっきりさせることも大事です。

たとえば、シックで落ち着いた大人の振袖姿にしたいなら、黒地にピンクの花々が咲くような振袖はいかがでしょうか。

第一礼装としての品格があり、凛とした華やかさのある着物姿になります。

可愛らしくキュートな着物姿にしたい、正統派の振袖姿にしたいなら、赤系の振袖がおすすめです。

赤の地色に優しいピンクや白系の花が咲き乱れ、振袖らしい若々しさのあるものを選べば、クラシックでピュアな美しさが演出できます。

いつもの自分らしく個性的な着物姿にしたいなら、現代的な柄と色合いの振袖がおすすめです。

鮮やかなピンクに部分的に見える黒が美しく映え、大輪の花々が艶やかです。他の人にはないインパクトのある着こなしを作ることができます。

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ振袖選びの参考にして頂けましたら幸いです。

ご質問ございましたら参列ゲストとして振袖を着られる際でも、成人式を控えていらっしゃる方でもお気軽にご相談くださいませ。

 

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

開催中ブライダルフェア一覧

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火曜日