神社結婚式(神前式)の儀式・作法をご紹介~参進の儀 ~||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

神社結婚式(神前式)の儀式・作法をご紹介~参進の儀 ~

受け継がれてきた歴史と、人々の厚い信仰によってもたらされる、厳かな雰囲気。

鳥居をくぐって拝殿へと進み、格式ある儀式にのっとって神様の御前で結婚の契りを結ぶ… そんな神社での挙式に「本物」を感じる人も多いはず★

本日は、そんな神前式の大切な儀式のうちの一つである、【参進の儀】についてご紹介したいと思います♪  

 

上賀茂神社ギャラリー5  

参進の儀とは?

参進の儀とは、神職や巫女を先頭にして新郎新婦や家族が列になって、神殿まで歩いていく儀式です。

列には楽人(音楽を演奏する人)も加わり、厳かな雅楽の調べが厳かな雰囲気を作り上げます。

太鼓の音や雅楽が境内に響き渡るなか、神社に奉仕する神職と巫女に導かれて、新郎新婦、両家の親、親族の順に本殿に向かいます。

これは「気持ちを厳粛に整えるため」に重要な儀式で、主に広い境内を持つ神社での挙式の際に行われます。

花嫁行列と呼ばれることもあり、神社やその地方によって形式は様々。

また、参進の儀では神様の居る神殿がこれからお二人が将来の安泰を祈願する未来の象徴、そして今現在のお二人、 そしてそのうしろには現在のお二人を支えてくれたご親族、ご友人らといった、お二人にとって過去の象徴といえる人が続きます。

つまり、「参進の儀」には、「過去」「現在」「未来」といった“三位一体”を模しているという解釈もあります。

これから神社式を執り行うご新郎ご新婦様も、ご参列の方も「参進の儀」の際はこの意味を思い出して頂ければ、より想いが深くなるのではないでしょうか(^^)v

ローケーションフォトプランはこちら

参進の儀を行うにあたっての注意点

中には「参進の儀」と言っても簡易的に済ませてしまうところも多く、 先導する神主さんの足が速くてそれにつられ必然と新郎新婦も足早となり「厳かな雰囲気」とは、とても言えないようなところもあります。

タガヤでは、日本の伝統、文化、美しさを体験できる日本ならではの結婚式を、重要文化財や国宝、世界遺産等、歴史的な場所で情緒溢れる1日にしてもらいたいと考えています。

人生に一度の晴れ舞台。この機会にぜひ一度、ご相談ください!

神前式をもっと知りたい方はこちら

 

 

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

ふたりに合うのは?京都和婚相談フェア

\はじめてのフェアでも安心!プロに相談♪/

開催中ブライダルフェア一覧

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火曜日