神前式とは*段取りや流れをご紹介||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース

電話する お問い合わせ

TAGAYA INFORMATION News & Blog

神前式とは*段取りや流れをご紹介

最近は、和装を着てみたいという新郎新婦様が多く、神前式が注目を集めています。

では一体、神前式ではどんなことをするのでしょうか?

今回は、神前式を挙げる場所、費用、当日の流れなど、神前式を行う上での段取りについてご説明致します。

神前式をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

神前式はどこで挙げるの?

神社で行うイメージが強い神前式ですが、

必ずしも神社だけが神前式の場所ではありません。

本格的な神前式は神社で行う挙式ですが、式場やホテルでも館内神殿での挙式も可能です。

館内神殿の場合、「挙式から披露宴までの移動負担が少ない」

「季節や天候の心配をしなくていい」などといったメリットがありますよ♪

 

 

神前式にかかる費用の相場

神社の場合

神主や巫女への謝礼や神殿使用料、式次第、

誓詞などをまとめて「玉串料(初穂料)」として神社に納めるのが一般的。

玉串料は3万円~10万円程と、神社によって様々ですが、平均では5万が相場だと言われています。

こちらだけ聞くと「神前式は教会式に比べて安く挙式ができる」と思われるかもしれませんが、

実際は挙式料に衣装レンタルや着付け、ヘアメイク代などが加わるので、

あまり変わらない、または高くなる場合もあります。

 

ホテルや結婚式場内にある神殿の場合

教会式(チャペル式)と同じように「挙式料」として見積りに加算されるケースが多いようです。

全てプランとしてセットになっている会場がほとんどなので、わかりやすいのがメリットですね。

どちらを選ぶにしてもプランナーさんによく相談すると安心です!

 

神前式の当日の流れ

1.参進の儀(さんしんのぎ)

巫女に先導されて、新郎新婦と参列者が一列になって神殿へと向かう「花嫁行列」です。

新郎新婦様、両家の親御様、ご親族様の順に本殿に向かいます。

 

 2.入場

参列者様は新郎新婦様と血縁関係の強い順に入場します。

座る位置は、神前に向かって右が新郎様側のご親族様、左が新婦様側のご親族様です。

その後、新郎新婦様が巫女に先導されて入場します。

 

3.修祓の儀(しゅばつのぎ)

挙式の前に、新郎新婦様と参列者様は心身を清めるためにお祓いを受けます。

 

4.祝詞奏上(のりとそうじょう)

祝詞とは神々に対し申し上げる言葉のこと。

神職が神におふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈ります。 

 

5.三献の儀(さんこんのぎ)

新郎新婦様が神酒で三三九度の盃を飲み交わします。

小中大の杯の順で注がれたお神酒をそれぞれ3×3=9回に分けて飲みます。

 

6.神楽奉納(かぐらほうのう)

巫女が神楽に合わせて舞を奉納します。

 

7.誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦様が神前に進み、誓いの言葉を読み上げます。

 

8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串(榊)を神前に捧げて、最後に二礼二拍手一礼をします。

(ただし神社によってこの所作は異なるので確認しましょう!)

 

9.指輪の交換

新郎様から新婦様の指へ、新婦様から新郎様の指へ指輪を交わします。

 

10.親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)

ご両家様の結びつきを祝って、新郎新婦様と参列者様が全員でお神酒を3口で飲みます。

 

11.斎主挨拶

神職が式を執り納めたことを神に報告して一拝します。 

 

12.退場

神前に一同で拝礼して、退出します。退下(たいげ)ともいいます。

 

 

 


 

いかがでしたか?

TAGAYAでは、様々な和婚プランをご用意しております!

ぜひ、お気軽にお問い合わせください✿

 

⊿ 神社/城/仏閣挙式について

⊿ 京都和婚ご相談会

⊿ お問い合わせはこちら

fair fair
News & Blog 一覧へ

京都タガヤ 和婚サロン

Free dial:0120-38-0801

営業時間:
【平日】11:00-19:00
【土日祝】10:00-19:00
定休日:毎週火曜日