結婚式の予算はいくら?自己負担額や予算の抑え方を紹介します!||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

結婚式の予算はいくら?自己負担額や予算の抑え方を紹介します!

結婚式はどうしても高額なイメージがありますが、実際にどのくらいかかるのかご存知でしょうか?

 

あらかじめ結婚式の予算を大体で設定しているカップルもいるかもしれませんね。

 

結婚式の最終的な予算や自己負担額や結婚資金の貯め方をご紹介します!

 

▼結婚式金額の相場と内訳についてはこちら♬

 

 

1.結婚式の予算はいくら?

結婚式の予算はいったいいくらくらいなのでしょうか?

予算を把握しておくことでいくら用意しておけば良いかおおまかな金額もわかりますよね。

 

結婚式の一般的な予算は『300万円~400万円』くらいがもっとも多い価格帯といわれています。

あくまでも一般的な予算なので、カップルによって前後します。

 

特にゲストの人数は金額に直結するため、人数が増えればその分『食事代』『飲み物代』『引き出物代』『ペーパーアイテム代』などが追加されます。

 

ゲスト一人当たりのご祝儀は金額が決まっているため、計算すればおおまかなご祝儀でもらえる金額もわかりますね。

 

ローケーションフォトプランはこちら

2.結婚式の自己負担の予算は?

籍を入れる 準備 計画 入籍 カップル 準備 結婚

結婚式の自己負担予算は少し幅がありますが『50万円~150万円』といわれています。

新郎新婦で用意しておきたい額としては、100万円前後くらいといえるでしょう。

 

新郎新婦の結婚資金があまりにも心もとない場合は、両家からの援助をしてもらえるかさりげなく確認してみるのもありですね。

 

ただ今現在結婚資金が少なかったとしても結婚式は1年前くらいから予約できます。

そのため1年後に結婚式を挙げる予定で、1年間2人で真面目に貯金をしてみるのも良いでしょう。

 

どんなに「将来のため」に貯金をしようとしても今までしていないなら、貯金はかなり難しいもの。

あらかじめ期間や目標額を設定して、2人で協力しながら自己負担金を貯めましょう。

 

またお日柄が良い日や土日、オンシーズンといった人気の日取りでも1年前なら予約できる可能性も高いので、おすすめですよ。

 

3.結婚式の予算を抑えるためには?

結婚式お金

結婚式の予算はできる限り抑えたいところ。

そのために気をつけたいポイントを見ていきましょう。

 

手作りする

意外と費用がかかるペーパーアイテムやプロフィールムービーといった動画関係。

最近では便利なソフトも豊富にあるため、予算を抑えたいなら手作りするのもおすすめです。

 

特に招待状は結婚式場に依頼すると1枚540円以上する場合もあるので、作れるものは手作りすることで予算を抑えられますよ。

 

日時や季節を選ばない

結婚式にはオンシーズンがあり『春か秋』『午後スタート』『土日祝日』『大安』の日にちに人気が集中します。

 

「招待したい人のほとんどが土日休み」だったり「暑さ寒さに極端に弱い」など、絶対にNGな季節やお日柄がありますよね。

 

そのため『平日』『真冬や真夏』『夕方スタート』『仏滅』といった多くのカップルが選ばない日程は、

特別プランとして値引きが大きくなっている結婚式場が多いんです。

 

予算を抑えたいならそういったプランを選ぶのもおすすめですよ。

ただ気をつけたいのは『真冬や真夏』の結婚式と『夕方スタート』の結婚式です。

 

結婚式には老若男女さまざまな年代のゲストが参列してくれますよね。

中には子供や年配の方も。

 

真夏や真冬の結婚式にする場合は、屋外での演出は極力控えてできるだけエアコンがある場所で行えるように配慮が必要ですよ。

 

夕方スタートはゲストの年齢層にもよりますが、年配の方や子供や若いゲストが多ければやめたほうが良いでしょう。

 

4.まとめ

結婚式の予算は一見非常に高額に見えますよね。

でも実際には結婚式場で見積もりに記載されている金額だけでは結婚式はできません。

 

ヘアアクセサリーやプチギフトなど見積もりに含まれないアイテムもたくさんあるんです。

 

結婚式の予算も一般的な金額は300万円~400万円ですが、多めに見積もっておくことをおすすめしますよ。

 

両親からの援助や親せきから多めのお祝いをもらえる場合もあるため、全額自己負担になることはほとんどありませんが

最低でも自己負担額程度の50万円~150万円程度の結婚資金は準備しておきましょう。

 

ご祝儀も絶対にその額をもらえるという保証はないので、あてにしすぎないように準備をしておくと安心ですよ。

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

京都で和装をご検討中の方はこちら
東京で和装をご検討中の方はこちら

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火水曜日