結婚式のお金っていくらかかるの?相場や内訳を紹介||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

結婚式のお金っていくらかかるの?相場や内訳を紹介

結婚式を挙げたい!と考えていても、実際に挙げるとなると費用が心配というカップルってかなり多いんですよね。

このご時世、結婚式のために貯金したくてもなかなか難しいというカップルも…。

 

それもそのはず、結婚式はいくらあっても足りないくらい高額なイメージがありますよね。

結婚式にはいくらくらいかかるのか、お金の問題で揉めたりしないためにも、気をつけたいことなどご紹介していきます♬

 

 

1.結婚式の相場

結婚式は何をするにもお金が必要。

例えばウェディングドレスを提携のドレスショップ以外からレンタルしたり、

通販などで自分で購入したりして持ち込むときにも、数万円の持ち込み料が発生します。

 

料理や飲み物も少しグレードを上げるだけで価格が一気に変わってくるのが結婚式。

通常の結婚式場やホテルで70名前後のゲストを招待して結婚式を挙げた場合の平均金額は、約300万円前後といわれています。

 

最も多い価格帯としては300万円から350万円ほど。

地域によって必要な引き出物の数や招待する親戚の範囲などが異なり、金額も変わってきます。

 

ただ価格重視のプランを用意している結婚式場も増えていますので、価格を少しでも抑えたい場合にはそういったプランを検討してみましょう。

 

ローケーションフォトプランはこちら

2.結婚式にかかる費用の内訳

結婚費用 貯め方 貯金 簡単 先輩花嫁 実践 口座 カップル 2人

相場がわかったところで結婚式にかかる費用の内訳を見てみましょう。

一般的に、結婚式にかかるおおまかな費用は以下のようなものになります。

 

・挙式費用

・衣装代

・飲食費

・映像アルバム費

・引き出物費

 

上記以外にも、エステや結婚指輪などほかにも出費があるため、準備にかかった費用まで合計するとかなりの金額になるのも納得ですね。

ではそれぞれにどのくらい予算が必要なのか確認していきましょう。

 

挙式費用

結婚式のメインともいえる挙式にも当然費用が掛かります。

挙式のスタイルによってもかかる費用は変わってきますが、神前式で平均30万円~35万円といわれています。

 

自分たちで自由に挙式プランを立てられる人前式は予算次第で自由に演出ができるので、やり方によっては費用を抑えられる場合も。

 

衣装代

新郎新婦合わせて衣装代だけでも50万円~60万円前後が相場と言われています。

結婚式準備の中でも楽しいウェディングドレス選びですが、ドレスのレンタル費用はピンキリなので抑えることもできるポイントですね。

 

格安ウェディングドレスや中古のウェディングドレスを購入するのも良いですが、

先ほど紹介した通り、会場によっては持ち込み料が発生するので確認しておきましょう。

 

また、お色直しをする場合、「衣装代」だけでなく、衣装チェンジによる「美容代」「ヘアチェンジ代」も追加されることがほとんどなので

色々なことを決めて契約してしまう前に、細かいところまで確認しておくのも節約のポイントになるでしょう。

 

飲食費

ゲストひとりあたりのコース料理の金額が約1万円前後。

飲み放題の金額が3,000円ほどで、デザートやウェルカムドリンクなどの費用も含めると1人あたりにかかる飲食費は1万5千円前後です。

 

ゲストにとっての楽しみでもある料理の費用はやはり削れない部分。

削ってしまうとすぐにばれてしまう部分でもあるので、両親にも相談しながら決めましょう。

 

映像アルバム費

意外に見落としがちなのがムービーやアルバム。

ムービーの平均予算は15万円~20万円前後、アルバムで10万円~15万円前後です。

 

最近では記録媒体が次々変わっていたり気軽にムービーの撮影もできたりするため、

あえてムービーは作成せず高額なアルバムに1点集中してお金をかけるというカップルも。

 

ムービーは作らずにエンドムービーと兼用する場合など、少しでも予算を抑えたいカップルは工夫できるポイントです。

 

引き出物代

引き出物の予算も確認しておきましょう。

一人当たりの引き出物の予算は平均4,000円前後といわれています。

 

引き出物の他にも引き菓子を入れる場合がほとんどであるため、引き菓子の予算は平均1,000円。

合計で5,000円前後の予算が必要です。

 

引き出物は食事同様ゲストにお渡しするものなので迂闊に削れない部分ですね。

引き出物は地域によって入れるものが決まっていたり、個数が決まっている場合もあるため必ず確認しておきましょう。

 

3.まとめ

結婚式に費用がかかるのは間違いありません。

結婚式場が出している格安のプランを利用したり仏滅を選ぶなど抑える方法はたくさんあります。

 

またゲストからのご祝儀や、親せきや両親からの援助がある場合もあるため、結婚式にかかる費用のすべてを新郎新婦のみで負担するわけではありません。

 

お金にかかわることなので、慎重に話を進めるような注意は必要です。

必ずしも両親や親せきが援助してくれるとも限らないため、できるだけ自分たちで結婚費用を貯めておけると安心ですね。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです♪

 

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

京都で和装をご検討中の方はこちら
東京で和装をご検討中の方はこちら

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火水曜日