和婚に必要な費用ってどれくらいかかるの?詳しく解説します!||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

和婚に必要な費用ってどれくらいかかるの?詳しく解説します!

和婚に興味がある!という方でもやっぱり費用が気になりますよね。

一般的なウェディングと比べてどれくらい必要になるのか、内訳はどうなっているのか。

今回はそんな和婚の費用について解説していきます!

 

 

 

*和婚に必要な費用について解説*

費用と内訳

 

 


 

和婚を行うにあたって必要になる費用といえば

挙式費用(初穂料)・披露宴会場費用・衣装代・着付けヘアメイク代・移動代などを合わせた総額になります。

神社によって挙式費用(初穂料)が異なってきますが

大体の場合は挙式料や衣装代、披露宴会場費用をセットにしたプランになっていることが多いです。

金額だけでなく、プラン内容にどこまで含まれているのか(かつらや衣装、着付けなど)をきちんと確認しましょう。

 


 

挙式費用(初穂料)

 

 


 

和婚の場合は本来挙式料とは言わず“御初穂料”または“御玉串料”と言います。

初穂料には、神主さんや巫女さんへの御礼、神殿使用料、式次第、誓詞などすべて入っているので

最初に提示された金額より上がることはありません。

神前式の初穂料は一般的に5万円~20万円程度が相場となっているので

ホテルや専門式場でキリスト教式の挙式を行うよりは、ややリーズナブルと言われています。

※キリスト教式の挙式相場は30万円程度

なお、神社によっては挙式費用のほかに玉串料という謝礼を別にお包みしなければいけないところもあるので、

下見や予約の時に確認しておきましょう。

 


 

オプション代

 

 


 

神前式の儀式のうち修祓の儀・祝詞奏上・三献の儀・誓詞奏上・玉串奉奠の5つが基本となり

その他はオプションになっている場合が多いです。

神前式といえば花嫁行列をイメージされる方が多いと思われますが

花嫁行列もオプション料金になっている式場もあるので要チェックです。

 


 

衣装代

 

 


衣装代のレンタル料金は全国平均で以下のようになっています。

白無垢約19万円

色打掛約40万円

引振袖約30万円

紋付袴約10万円

この料金に小物などが別料金になる場合が多いです。

 


 

挙式+披露宴費用の相場

 

 


 

おおよその目安ではありますが、以下のようになっています

少人数規模15〜20名規模...約100万円

大人数規模70名規模...約300〜400万円

神社挙式では、少人数で行う場合お得に挙式を行えるプランが準備されています。

特に参列者が30名以下であると挙式代にかかる費用が抑えられるので

親族のみや親しい友人のみを招待する場合には早目に人数を確定させて結婚式に臨みましょう。

 



 

いかがでしたか?

和婚に必要な費用について解説しました。

実際の細かい費用は神社によってそれぞれなので

詳しく知りたい方は是非TAGAYAスタッフまでご相談くださいませ**

TAGAYAでも神社やプランの紹介をしているのでぜひ一度ご覧になってみてください!

 

❏神社/仏閣挙式についてはこちら

fair fair
News & Blog 一覧へ

京都タガヤ 和婚サロン

Free dial:0120-38-0801

営業時間:
【平日】11:00-19:00
【土日祝】10:00-19:00
定休日:毎週火曜日