憧れのジューンブライドは本当は大変?メリットとデメリット比べてみました!||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

憧れのジューンブライドは本当は大変?メリットとデメリット比べてみました!

今やすっかりおなじみになった「ジューンブライド」。

「6月の花嫁は幸せになれる」という言い伝えはロマンチックで、ぜひあやかりたいという花嫁も多いでしょう。

ですが日本では6月は梅雨の時期ということもあり、なかなか踏み出せないというのも現状のようです。

 

6月に結婚式を挙げる場合、どんなメリットやデメリットがあるか。

デメリットに対してはどんな対策をすればいいのかなど、ジューンブライドのリアルを探っていきましょう!

 

 

ジューンブライド」ってなに?

「ジューンブライド」、訳して「6月の花嫁」。

でもその由来を知らない方は多いのではないでしょうか?

6月の語源になったとされているのがギリシャ神話に登場する女神「JUNO(ユノー、ジュノー)」。

結婚や出産をつかさどる女神です。

そこから「6月に結婚する花嫁はJUNOの加護を受けて幸せになれる」という言い伝えが生まれたとされています。

 

由来には他にも諸説ありますが、やはり女神に見守られているというのはロマンチックですし心強いですね♡

 

ローケーションフォトプランはこちら

6月に結婚式を挙げるメリット

女神に祝福されるなんてとても素敵♪

きっと幸せな花嫁になるに違いない…。

ですが実際のところ、6月に結婚式を挙げるのはどうなのか?

メリットとデメリットを照らし合わせてみましょう。

 

メリット① 挙式費用がお得に

6月は雨が多く梅雨の時期なので、結婚式場のいわゆるオフシーズン。

結婚式を挙げるカップルも、春や秋の人気のシーズンと比べると少なくなります。

そのため、他の月と比べると式場の料金設定が安くなる場合もあります。

 

ホテルで執り行う場合は宿泊の部屋をグレードアップしてくれたりと、ハイシーズンでは考えられないサービスが付いてくることもあり、かえって得をするかも?

 

メリット② 気温がちょうどいい

ゲスト達にとって、季節によって困るのが服装。

式場や披露宴会場は冷暖房完備とは言えども、移動の際や場所によっては寒かったり暑かったり…

 

その点6月は、寒くもなく暑くもないちょうどいい季節と言えます!

特に梅雨入り前、5月から初夏に向かう6月上旬は気候も快適。

湿度が高くならなければ過ごしやすいので、逆におすすめかもしれません。

 

メリット③ 新婚旅行がお得なシーズン!

実は6月は海外旅行のオフシーズン。

ゴールデンウイークや夏休み、3月の卒業旅行などと外れているので、料金設定もハイシーズンに比べるとグッとお得。

ということは、6月は新婚旅行も狙い目!

結婚式を挙げてすぐ新婚旅行に向かうのであれば、とてもお得なシーズンと言えます。

 

それにヨーロッパやハワイなどは、6月は気候もよく絶好の旅行日和♪

素敵な思い出もたくさん作れそうですね。

 

6月に結婚式を挙げるデメリット

次はデメリットを挙げていきます。

やはり一番のネックは「梅雨の時期」「雨が多い」ということのようですね。

 

デメリット① 屋外挙式&パーティができない

屋外でのガーデンパーティに憧れている方もいるのではないでしょうか?

春の桜や花々、初夏の緑、秋の紅葉などなど。

季節をふんだんに取り入れた演出ができるのは、屋外ならではの醍醐味ですね。

 

しかし、雨だとせっかくのガーデンパーティの趣も半減ですし、中止になってしまうことも!

そもそも雨の予報が出ている場合、式場の方で屋外の使用を取りやめているところもあります。

どんなに準備万全でも、天候はどうにもならないもの。

「万が一」のチャンスにかけるよりは、屋外での挙式や披露宴は避けた方が無難でしょう。

 

デメリット② 雨でゲストが困ってしまう

せっかくの結婚式なので、ゲストの皆様もきっとオシャレをしてきてくれることでしょう。

なのに雨だと、会場に来るまでに着物やドレスが汚れてしまったり、靴がびしょ濡れになってりまったり…

なんとなく気持ちもブルーになってしまいがち。

披露宴の引き出物や荷物を抱えて傘をさして…というのも大変ですね。

ゲストにとって雨の結婚式は、少し大変かもしれません。

 

雨だからこそできるジューンブライドウェディングおすすめ演出

でもマイナスイメージばかり持たなくても大丈夫。

ちょっとした心遣いや演出次第で、雨を素敵な味方につけることだってできるんです!

 

雨の中来てくれたゲストへおもてなし

雨の中足を運んでくれたゲストのために、感謝の気持ちをおもてなしで表しましょう。

ウェルカムコーナーでミニタオルや櫛などのアメニティを配ったり、足元が濡れた人に替えのストッキングを用意したり。

お手洗いにドライヤーやメイク直し道具を置いておくなど、ゲストがホッとできるように心配りを。

 

 

メッセージカードに「雨の中来てくれてありがとう」と一言添えるのもいいですね。

ゲストの方も嬉しさが込み上げて、雨のことも忘れてしまうでしょう。

 

「雨」をテーマにアイテムを揃える

いっそのこと、雨をテーマにした演出でゲストを迎えてみるのはいかがでしょう?

カラフルな傘をいっぱい装飾に使ったり、雨粒のようなクリスタルを会場のあちこちに飾ったり。

ブーケと髪飾りをあじさいで揃えるのも素敵!

丸くてかわいくてボリューミーなあじさいは結婚式の演出としても人気です。

ゲストへのプチギフトやお菓子などに、雨にまつわる小物を取り入れてみるのもおすすめ。

雨だからこそできる演出で楽しみましょう!

 

全天候型の結婚式場なら雨でも安心!

結婚式場の中には、雨にも対応できるインナーガーデンやテラスなどが用意されているところもあります。

屋根があり天候に左右されないので、雨でもウェルカムパーティフラワーシャワーなどの演出ができるのが強み。

吹き抜けのテラスなどでは空を見上げることもでき、晴れの日とはまた違った雰囲気を楽しめるでしょう。

また、雨の場合に屋外で予定していたプログラムを、他の場所で同じように行える式場もあります。

雨の場合に備えてどういう対応をしてくれるのか、前もって式場に確認しておきましょう。

 

まとめ

ジューンブライドにはメリットいっぱい!

もちろんデメリットもありますが、工夫次第で雨を素敵な演出に変えることだってできるんです。

そう考えると、実は雨は「女神」の贈り物なのかもしれませんね。

ここは一つポジティブシンキングで、思いっきりジューンブライドを楽しんでみませんか?

 

 

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

開催中ブライダルフェア一覧

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火曜日