引き振袖と色打掛の違いは?着物知識をわかりやすくご紹介*||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和装レンタル

引き振袖と色打掛の違いは?着物知識をわかりやすくご紹介*

ウェディングドレスも素敵ですが、日本人ならやはり和装もしてみたいですよね。

和装は親御様やお祖父様、お祖母様にとても喜ばれるという声も多いので、

親孝行の意を込めて和装という選択をしても良いかもしれませんね!

 

和婚の正礼装は白無垢だけでなく、引き振袖や色打掛といった華やかな着物も選べます。

今回はこの「引き振袖」「色打掛」について紹介していきたいと思います♪

 

 

1.引き振袖の特徴と魅力*

引き振袖 水色

 

振袖は未婚女性の第一礼装であり、結婚式が振袖を着る最後のチャンス!

振袖を腰の部分で折って丈を調整する”おはしょり”を作らず、そのままの丈で着用したものが引き振袖です。

その名の通り裾を引きずっていることが特徴的で、地面に広がる裾がかわいいですよね♪

 

着物自体にボリュームのある色打掛に比べ、引き振袖は軽くて動きやすく、洋髪も合いやすいです!

披露宴など沢山動く場面や、重い衣装が苦手な方にはおすすめのお着物です。

色打掛と見比べて、一番わかりやすい違いは「帯の後ろが見える」こと!

帯の結び方や小物で個性が出せる点がとっても嬉しいですよね。

 

\お衣装レンタルの流れはこちら/

タガヤ和装レンタルの紹介

 

結婚式には黒引き振袖?

引き振袖を調べていると、よく「黒引き振袖」を目にしますよね。

黒引き振袖は昭和初期の一般的な花嫁衣裳、「他の誰の色にも染まらない」と黒は最も格調高いお色とされていました。

 

お色直しの時間を短縮するために、打掛の下に振袖を着込むようになった辺りから、

カラフルな打掛との相性が良いように、薄い色のついた振袖が生まれました。

現在ではもともとの黒引き振袖から、淡い色や色打掛のようにカラフルなものまでたくさんの引き振袖が♪

色打掛同様、選んでいてたのしいお着物になっております。

 

もちろんご試着がしたい方には!和装試着体験フェアを開催中です。

実際に着てみることでわかることもありますので、ぜひフェアにお越し下さい。

 

和装体験フェア詳細・ご予約はこちら♪

 

【合わせて読みたい記事】

▼花嫁様必見!【引振袖】選び方のポイント*

▼振袖が着られる最後の日*お色直しには引振袖を♪

神社仏閣一覧はこちら

2.色打掛の特徴と魅力*

色打掛 赤

 

和装結婚式の式服の中でも白無垢とほぼ同等に格式高い色打掛。

もともと一般の人の花嫁衣装だった引き振袖に対し、色打掛は武家の花嫁の正礼装でした!

色打掛のポイントはなんといっても「豪華で重厚感」のある着物!

華やかな柄も多く、とても目を惹かれる衣裳です。

 

着物自体に重厚感があるため動きにくさはありますが、結婚式にしか着れない着物として人気があります。

最近ではフォトウェディングに着用される花嫁様も増えていますよ♪

 

【合わせて読みたい記事】

▼色打掛についてもっと詳しく*

▼オシャレ花嫁様へ*色打掛は半衿で人と違う着こなしを

 

3.足元が可愛い!おすすめの引き振袖

足元にすそがゆったりと広がる引き振袖は、写真で見ても動きが感じられて素敵ですよね。

さて、引き振袖で一番柄が目立つポイントは「袖の外側の柄」!

こちらに着目して選んでいただくと良いかと思います♪

 

引き振袖 黒地百花繚乱

■黒地百花繚乱■

「始まり」「幸福」「富貴」などの意味をもつ桜と牡丹

周りに百花を配し、お二人の慶びの日にふさわしい存在感のある黒の引き振袖。

駒刺繍を施し、豪華さの中に上品さ漂う作品に仕上げました。

 

引き振袖 栄華競映

■栄華競映■

縫い取りという技法で模様を成し、濡れ描きという友禅染めの技法で色をさした一点です。

日本人の愛する四季の花々の明朗な輝きを、匠の業を重ねることで味わい深く表現した引き振袖となっています。

 

他にも素敵な引振袖がたくさん

 

4.華やかさはダントツ!おすすめの色打掛

厚みがあって豪華な色打掛は、花嫁さまだけの特別感があって素敵ですよね♪

そんな色打掛の柄で一番目立つのが背中の帯に当たる部分!

背中に派手な模様が施されていることが多いです。

 

色打掛 吉祥霞花車文

■吉祥霞花車文■

深く鮮やかな色合いで「満ち足りて豊」を表す爛漫の花車をあしらった手描き友禅の傑作。

花びら一つ一つのぼかしまで繊細に色を挿した、美しい色打掛です。

 

色打掛 手織桃山花比べ

■手織 桃山花比べ■

桃山時代の華やかな彩りと、高度に洗練された技巧と特徴がある唐織の打掛。

能装束などに用いられていた柄を色紙取りに配置した格調高い逸品です。

 

他にも素敵な色打掛がたくさん

 

 

5.【振袖を色打掛みたいに】あり?なし?

さて引き振袖と色打掛の違いをご紹介したところで、

最後に「振袖を色打掛のように羽織るのはありなのか」についてお話していきたいと思います。

着付けた後の形では違いはわかっても、正直どちらも同じくらい鮮やかに見えるし、

振袖を「打ち掛けっぽく着れる」なんて話も聞き覚えが合ったりなかったり・・・(笑)

 

 

実際に見てみないと、違いなんて知識として以上には分からないですよね!

 

振袖を色打掛のように羽織ると、後ろから見て物足りない印象になるかと思います!

帯の上から羽織る色打掛では「背中の模様が一番目立つ」ポイントで、素敵な模様があしらわれています。

一方、振袖では上から帯を巻いてしまうので、背中にはあまり目立つ模様をあしらうことは少ないです。

 

最近では和装をカラードレス感覚で取り入れたり、ドレスのように着付けたりと和装のあり方も広がってきています。

 

挙式では伝統を重んじることが大切ですが、披露宴や人前式などでは花嫁さまらしく、

好きに装っていいのではないでしょうか^^

 

引き振袖と色打掛の違い*まとめ

引き振袖と色打掛、それぞれの違いと魅力を感じられましたか?

最後にかんたんに違いをまとめさせていただきます。

 

【引き振袖】

・豪華な帯が見せられる

・腰で着物を折らず、すそが地面に広がる

・色打掛より格は低いが、軽くて動きやすい

 

【色打掛】

・色打掛は背中の模様が美しい

・婚礼衣装の中でも格が高い

・豪華で重厚感があるので動きにくい

 

以上!いかがでしたか?

着物には柄や色の意味の中にも沢山幸せになれるような意味が込められています!

そちらも着物を選ぶ際に意識してみてはいかがでしょうか*

 

ここで紹介した以外にも、和婚ではたくさんの素敵な着物や小物から選ぶことができます。

タガヤではお客様の素敵な結婚式を彩る衣装選びを、専属スタイリストがお手伝いさせて頂きます。

お気軽にご相談ください。

▼お問い合わせはこちらから

 

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/今ならご来館でQUOカード3,000円!

開催中ブライダルフェア一覧

京都タガヤ 和婚サロン

Free dial:0120-38-0801

営業時間:
【平日】11:00-19:00
【土日祝】10:00-19:00
定休日:毎週火曜日