《玉串料》と《初穂料》の違いって?わかりやすく解説します!||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

《玉串料》と《初穂料》の違いって?わかりやすく解説します!

神前式について調べると【玉串料】や【初穂料】といった聞き慣れない言葉が出てきますがそれがどういったものなのか、よく分からないという方が多いと思います。

 

初穂料、玉串料、祈祷料、御礼など、祈祷に関する専門用語的なものはたくさんありますが結婚式に携わっている人でも勘違いしてしまうような難しいものです。

 

今回は知っているようで曖昧な玉串料と初穂料について意味と使い分けについて解説致します!

 

また金額はいくら包めばいいの?封筒の書き方が知りたい!などの疑問にも答えていきますのでぜひご覧ください♪

 

 

玉串料(たまぐしりょう)の意味と使い方

 

玉串料とは神様にお供え物としてお供えする玉串の代わりとなるものです。

 

玉串とは榊の枝に紙垂(しで)や木綿の紙で作られた飾りをつけたもので、祈祷を依頼した場合に依頼主が本来玉串を用意しなければならなかったのですが、時代が進むにつれてそれが困難になって、神社が榊を用意するようになりました。

 

この用意にかかった金額と謝礼をあわせた金額を玉串料と言う形で神社に渡したのが玉串料の由来となっています。

玉串料 初穂料

玉串料が最も使われるのは地鎮祭(建築で基礎工事にかかる前に土地の神を祭り、工事の無事を祈る祭事)ですが、もちろん神前式の御礼としても使うことが可能です。

 

他にもお宮参り・七五三・お見舞金・お祓い・通夜・葬儀・法事などといった場面で玉串料は使われ、白黒ののし袋を用意するのが一般的だと言われています。

 

一つ注意点として挙げられるのはお守り、御札の購入には玉串料は使えないということです。

お守り、御札の購入の際には、次に説明をする【初穂料】としか書くことが出来ません。

 

【合わせて読みたい記事】

玉串料の金額の目安は?

玉串料の金額は神社によって異なりますが、だいたい5千円〜1万円が目安になっています。

「金額はお気持ちから」としている神社もあるので、その際は神前結婚式に詳しい方やご親族に相談してみるといいでしょう。

 

玉串料の書き方

玉串料のお金は「のし袋」という封筒に入れます。

中袋にお金を入れ、外包で包む形となっています。

 

 

1. 中袋の表から見てすぐ肖像が見える向きでお札を入れる。

2.  中袋の表に「金◯◯円」と難しい漢数字で記入する。

3.  中袋の裏面左下に自分の住所・氏名を記入する。

4.  外包の裏の折り方は、上を先に折り、下部分が上に来るようにする。

5.  外包の表に「玉串料」「施主の氏名」を記入する。

 

 

玉串料の書き方をまとめるとこのようになります。

細かい決まりがいくつもあるので、一つ一つチェックしながら書きましょう。

 

 

玉串料の書き方を図で見たい方はこちら

 

ローケーションフォトプランはこちら

初穂料(はつほりょう)の意味と使い方

玉串料 初穂料まずは先程同様初穂料の意味について説明致します。

 

昔から神様に捧げるものは農作物か榊かとされていました。初穂料は農作物が供物として奉納されていたものが由来となっています。

 

初穂とはその年の最初に収穫した農作物をさし、それを神様に捧げたのが初穂料の始まりです。

 

玉串料と同じように時代が進むに連れて、農業をしないような人達が増えて行き、初穂料として神社にお金を渡したのが初穂料の由来とされています。

 

初穂料の使い方としては神前式・地鎮祭・竣工式・お宮参り・七五三・各種祈祷・お守り・お札など種類様々。

初穂料も使えない場合があり、神式の葬儀の場合はNGとなっていますので注意が必要です。

 

【合わせて読みたい記事】

初穂料の金額の目安は?

初穂料も神社によって異なりますが、だいたいの目安を記載しておきますのでご参考にしてください。

 

お宮参り・七五三・厄払い・安産祈願など:5千円〜1万円

■祈願:【個人】5千円〜 【法人】2万円〜

■地鎮祭:2万円〜5万円

結婚式:10万円〜

 

初穂料の書き方

初穂料も玉串料同様のし袋を使用します。

書き方は玉串料とほとんど同じになりますが、外包の表書きには「御初穂料」と記入しましょう。

 

 

玉串料と初穂料の注意点まとめ

初穂料は神社に祈願をお願いする際のお礼として支払うので、さまざまな場面で使用することが可能です。

神様への感謝の気持ちを表す意味合いが強いため、お祝い事によく使われると覚えておくと分かりやすいですね。

ただし葬儀の場合には使用できないので注意してください。

 

玉串料 初穂料

反対に玉串料はご祝儀としても不祝儀としても使われ、葬儀の際は玉串料を用意します。

納める場合には水引き(紙の紐)で結んだのし袋を使用します。

初穂料と同じくさまざまな場面で使われますが、お守りや御札の購入には使えません。

 

水引の結び方

玉串料と初穂料を入れる封筒は水引というひもで結びます。

結び方には「結び切り」「あわび結び」「蝶々結び」といった種類があります。

結び切りは1度結んだら解けないことから、病気や事故のお見舞いのように、重ねて起きてほしくないことに使われます。慶弔ともに使える結び方です。

あわび結びは結び切りの一種。緩やかな結び目に見えますが、両端を引っ張ると固く結ばれて、解けないのが特徴です。

蝶々結びは何度でも結び直せるため、何度あっても嬉しいことのお祝いに使います。具体的には、出産祝いや長寿のお祝いなどです。

 

結婚は何度もしないことが望ましいため、結婚祝いでは結び切りかあわじ結びをすることになります。

何度も結び直せる蝶々結びは、結婚祝いには不向きなため、お気をつけください。

 

 



 

いかがでしたか。

今回は玉串料と初穂料についての意味と使い分けについて解説致しました。どちらも一般的に使えるものなのですが使えないところもあるそうです。

間違いのないよう、しっかりと事前確認を行うようにしましょう!

 

お問い合わせはこちらから。

 

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

京都で和装をご検討中の方はこちら
東京で和装をご検討中の方はこちら

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火水曜日