結婚式のお呼ばれドレスに黒はNG?着こなし術を学べばOK!||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

結婚式のお呼ばれドレスに黒はNG?着こなし術を学べばOK!

結婚式に呼ばれたので、大人っぽい黒いドレスで出席したい!

でもちょっと待って!「黒」は結婚式にはふさわしくないのでは…?

でも「黒」はとてもシックで、礼装の色でもあるし…。

一体どちらが本当なのでしょう?

 

今回は以外と知らない「黒」のマナーやコーディネートについて、例を踏まえながらご紹介していきましょう。


 

結婚式に黒いドレスはNG?OK?

「黒は喪服を想像させるため、黒いドレスはお祝いの場にはふさわしくない。」

そんな声を聞いたこともあるでしょう。

ですが、結婚式に黒のコーディネートは基本OK!

むしろ、黒にはフォーマルなイメージがあり、上品に着こなせるカラーとして好まれています。

 

その一方で、縁起を担ぐ人から見るとNGとされる場合もあるので、注意もしなくてはなりません。

結婚式など華やかでおめでたい場に出席する際は、黒のコーディネートのマナーやルールをきちんと押さえておきましょう。

 

ローケーションフォトプランはこちら

黒コーディネートは2つのルールを守るべし!

黒のコーディネートも、最低限のルールを押さえておけばOK!

着用する際には以下の2つのルールを忘れないようにしましょうね。


「全身黒ずくめ」はNG

黒い靴に黒いバッグなど、全身黒一色でまとめてしまうのはNGです!

いくらシックな黒でも、全部がその色ではさすがに暗すぎ。

それこそ「喪」のような印象になってしまい、おめでたい席では浮いてしまいます。

 

「黒いストッキング」はNG

黒いストッキングはお葬式を連想させるため、結婚式などのおめでたい席ではNG。

黒以外にも、どんな色のドレスと合わせるとしてもマナー違反なので気をつけましょう。

 

ストッキングの色は肌に近い色のベージュを選ぶのが基本です。

模様やラメが入ったものを着用したい時は、あまり華美になりすぎない、さりげないものを選びましょう。

 

黒いドレスを選ぶ場合のポイント3つ

それでは、「黒」いドレスを選ぶ時に気を付けたい3つのポイントを見ていきましょう!

このポイントを押さえておくと黒の美しさがより一層引き立つのでぜひ覚えておいてくださいね。

 

1.ボレロやストールなどの羽織ものは華やかな色に

ドレスがシンプルな色の場合、羽織りものには明るい色を取り入れると◎。

特に黒には相性が良く、かつシンプルな黒の美しさや光沢が引き立ち華やかになります。

 

 

おすすめは光沢のあるゴールド。

黒ドレスをゴージャスに見せてくれますし、お祝いの色としてもピッタリ!

 

濃い紫や暖色系はパッと目を引く大人のエレガントさを演出。

ベージュや薄いピンクなどのパステルカラーも、ピシッとした印象の黒を柔らかい雰囲気に仕上げてくれます。

 

2.アクセサリーやバッグなどの小物でさし色を

ベースがシンプルな色の場合はポイントになる「さし色」を加えましょう。

 

例えばピンクやグリーンなど鮮やかな色のバッグを持つと、アクセントになって目を引きますね。

同じように黒いベースにパールやシルバーなどの大きめのアクセサリーを合わせると、立体感が演出できます。

 

ベースの黒をキャンバスとして、そこにワンポイントのさし色を入れることで、まるで絵画から抜け出したかのような印象に!

こちらのテクニック、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

3.ドレスの素材は軽めのものを

黒いドレスはただでさえ暗く重たく見えがち。

特に結婚式では重たく見える生地や素材は避け、軽めで明るい印象のものを選ぶのがおすすめです。

 

光沢のあるシルクやサテンは、黒に光を与えて明るい印象にしてくれます。

またドレスの一部に入っているレースやシフォンは、華やかさとドレッシーさをプラス。

 

素材によって全く違った見え方をする黒。

結婚式では華やかな場にふさわしく、明るく軽やかに見える素材を選びましょう。

 

黒×色でこんなに変わる!コーディネート例3選

黒とどんな色を合わせるのがおすすめ?

結婚式でぜひやってみたい黒×色のコーディネート例をご紹介!

 

1.黒×ゴールドで上品かつゴージャスに!

黒×ゴールドは、上品かつゴージャスな組み合わせ!

バッグやネックレス、靴をゴールドで揃えて細身の黒ドレスを着れば、とっても華やかな大人コーデに。

 

 

2 黒×ビビッドカラーで遊び心を!

黒×鮮やかなビビッドカラーは、遊び心があっておしゃれ!

たとえば上でも述べたように、黒ドレスにさし色でグリーンのバッグを合わせれば、メリハリのあるコーディネートに。

鮮やかな原色でも、ベルトやバッグなどポイント使いなら取り入れやすいですね。

 

3.黒×淡い色で大人の落ち着きを!

グレージュやシャンパンカラーなどの淡い色味も以外に黒と好相性。

落ち着いた大人の魅力を引き出す色です。

 

黒単体だとカッチリしすぎな印象でも、淡い色味を合わせることで柔らかで優しい雰囲気に。

素材もシフォンやレースなどの軽くて柔らかいものがおすすめです。

 

黒にはワンポイントのカラーを上手に取り入れて!

 

金彩桜菊に毬絵模様の写真001

 

いかがでしたか?

結婚式の黒コーディネート、参考になりましたでしょうか?

 

全身黒ずくめと黒いストッキング以外は、基本OK!

鮮やかな色をワンポイントに取り入れて、ワンランク上のオシャレな自分を演出しましょう♪

 

                          ご新婦さまには黒打掛のご用意も♪

京都タガヤ和婚礼

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

京都で和装をご検討中の方はこちら
東京で和装をご検討中の方はこちら

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火水曜日