留袖と訪問着の違いがひと目でわかる!ーわかりやすい着物基本知識||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

留袖と訪問着の違いがひと目でわかる!ーわかりやすい着物基本知識

最近は神前式を挙げる人も多く、神前式に招待された方もいるかもしれません。

でも、神前式にはどんな着物で出席すればいいかよくわからないという方も多いはず!

今回は神前式の参列のときによく聞く留袖と訪問着の違いについてわかりやすくご紹介します♪

 

 【合わせて読みたい記事】

神前式とは*段取りや流れをご紹介

結婚式に着ていく”着物の格”は?ー大人ゲストの着物選び

 

1.留袖とは?

留袖とは黒留袖とも呼ばれ、既婚女性の第一礼装であり、

結婚式に親族や仲人として参列する場合に一般的に着られている和服のことです。

その留袖は着物に入る紋の数によって格が変わります。

 

紋には五つ紋付、三つ紋付、一つ紋付などの種類があり、つ紋の黒留袖は留袖のなかで最も格の高い正装です。

 

黒留袖は既婚女性用の着物で、主に結婚式で新郎新婦のご両親が着用されています。

 

色留袖の場合は未婚・既婚に関係なく着ることができるので、ここの違いは覚えておきたいですね!

 

黒留袖 色留袖 青色

留袖・訪問着をお探しならタガヤへ!

 

ローケーションフォトプランはこちら

2.訪問着とは?

訪問着とは留袖につぐ準礼装着物であり、未婚・既婚に関係なく着用できる便利な着物。

肩から裾にかかる模様と淡い色づかいが特徴的です!

 

訪問着

 

 

3.色留袖と訪問着の違い

色留袖と訪問着は正直パッと見ただけではその違いをわからない人もほとんどですよね?

 

でも、実は見た目だけでも違いのわかる着物なんです!

ここでは写真も添えて色留袖と訪問着の違いをわかりやすく紹介したいと思います♪

 

【色留袖】▼

色留袖 レモンイエロー

【訪問着】▼

訪問着 友禅染

 

写真をよく見ると、留袖は着物の上半身に模様がなく無地、裾におめでたい柄があしらわれています。

一方、訪問着は肩から裾まで流れるような模様が描かれているといった特徴があることがわかりますよね。

 

また、色留袖は裾の模様にかかる色の変化がはっきりしていて、落ち着きがあり上品な大人っぽい色を基調としています。

 

それに対し、訪問着は全体的に明るく淡い色づかいを基調とし、裾や袖にかけてのやわらかい色の移り変わりが艶やかで印象的です。

 

4.留袖を着る場面

①黒留袖を着る場面

黒留袖は既婚女性の第一礼装で、結納や結婚式、お宮参りなどの晴れの日に着るもので、他の着物に比べると着る機会が少ない着物です。

 

最も着る機会があるのは結婚式のときで、主に新郎新婦のお母様や、おばあ様といったご親族様や仲人の方が着用します。

 

②色留袖を着る場面

色留袖は結婚式や披露宴、式典などフォーマルな場で着用される着物です。

叙勲などで宮中を参内する場合に着用されるのもこの色留袖です。

結婚式に親族として参列される未婚の女性などは派手すぎず落ち着いた色留袖を着ることが多いです。

 

知っておきたい【色留袖の小物の合わせ方】

色留袖に合わせる場合の帯は金糸や銀糸を施した「袋帯」を二重太鼓で締めるのが一般的です。

 

帯揚げや帯締めは白、または白地に金銀入りのものがふさわしいでしょう。

 

バックは草履とセットになったものを使うのが原則です。

金や銀などの華やかなデザインのものや唐織、錦織など上品で高級感があるものを選びましょう。

 

5.訪問着を着る場面

訪問着は結婚式や披露宴、お見合い、結納、挨拶まわり、お宮参り、入学式や卒業式・七五三、パーティー、表彰式、茶会などの様々な場面で着用できる着物です。

 

改まったお茶会などの席で訪問着を着る場合は紋が一つはいった古典柄のものがおすすめです。

柄は小さめのもので、色味も主催の方より控えめなものが良いでしょう。

 

お宮参り、入学式や卒業式・七五三には古典的な柄で上品なものを選ぶと主役の子どもよりも目立つことがなく控えめな印象をあたえてくれます。

 

知っておきたい【訪問着の小物の合わせ方】

色留袖と同じく、訪問着の帯も袋帯を合わせるのが一般的です。

結婚式などのフォーマルなシーンには錦糸や銀糸の入った礼装用の袋帯が合います。

 

半襟は使用するシーンによって色合いが別れるので、フォーマルな場では必ず白地ベースを選びましょう。

 

草履やバックは訪問着の地色の一つと合わせて揃えると素敵です。

 

 【合わせて読みたい記事】

【色打掛・引き振袖】和装小物の選び方は? 

【ゲスト衣装】訪問着で結婚式に列席しよう*

6.おすすめのお呼ばれ着物

①お呼ばれにおすすめの色留袖

黒留袖は結婚式で新郎新婦様のご親族様の着用が一般的ですが、色留袖は結婚披露宴に呼ばれたときにもお召し頂けます。

五つ紋の色留袖は黒留袖と同じく第一礼装扱いになります。

 

結婚披露宴などのお呼ばれのときは三つ紋の色留袖であれば準礼装として着用でき、一つ紋の色留袖はさらに格が下がるためカジュアルさを出せます。

▶おすすめの色留袖

 

②お呼ばれにおすすめの訪問着

結婚式や披露宴などの改まった場面では、大きめのものや、金彩がはいった華やかで上品なものが良いでしょう。

▶おすすめの訪問着

 

7.留袖や訪問着を着て女性らしく*

いかがだったでしょうか!

タガヤでは今回ご紹介した留袖と訪問着のレンタルも行っております。

興味をもった方や着物レンタルについて知りたい方はお気軽にご相談ください♪

ご相談はこちらから

 

 

【関連記事】

▶留袖と振袖の違いは?-わかりやすい着物知識

▶役立つ!お呼ばれ結婚式での立ち居振る舞い

▶【神前式】親族の服装マナー*ホストにふさわしい格好を♪

 

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

フェア詳細はこちら

京都タガヤ 和婚サロン

Free dial:0120-38-0801

営業時間:
【平日】11:00-19:00
【土日祝】10:00-19:00
定休日:毎週火曜日