【結婚式ご祝儀】結婚式のご祝儀で会社の上司はいくら包むべき?ご祝儀を包む際のマナーとは?||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

【結婚式ご祝儀】結婚式のご祝儀で会社の上司はいくら包むべき?ご祝儀を包む際のマナーとは?

会社の上司として、部下の結婚式に出席することになることもあるかと思います。

そんな時、上司としてご祝儀をいくら包めばいいのかわからない…という人もいるかもしれません。

 

今回は、ご祝儀にいくら包むべきなのか、上司としての相場やそれぞれのご祝儀の相場について紹介していきます♬

 

 

 結婚式のご祝儀の相場上司編

結婚式のご祝儀にはそれぞれ相場があるかと思いますが、上司としてご祝儀を包むときの相場はどのくらいなのでしょうか?

ここでは、「上司としてご祝儀を包むときの相場」について詳しく紹介していきます♬

 

一般的の相場として上司の人は「3~5万円」となっています!

年齢が近ければ3万円、高い役職や年配の人であれば5万円の場合もあるようです。

 

また、主賓として出席する場合には少し高めの「5~10万円」となっています。

しかし、近年では主賓でも「3万円」を包む場合もあるそうなので、あくまで目安として覚えていただければと思います♬

 

ローケーションフォトプランはこちら

 結婚式のご祝儀を包む際のマナー

上司としてご祝儀を包むときの相場について紹介してきましたが、実際にご祝儀を包むときのマナーとはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、「結婚式のご祝儀を包む際のマナー」について詳しく紹介していきます♬

 

ご祝儀を包むマナーその1

1つ目のマナーは、必ずご祝儀として包む際には「新札」を使いましょう!

 

ご祝儀は、「結婚式に出席するのを心待ちにしていた」などの意味が込められており新札を準備するのがマナーとされています。

 

新札は、銀行や郵便局の窓口、両替専用ATMなどで両替してもらうことができます!

この時、平日しか両替ができない場合もありますので必ず事前に準備しておきましょう♬

 

ご祝儀を包むマナーその2

2つ目のマナーは、「ご祝儀はふくさに包む」ようにしましょう!

 

ご祝儀を鞄から取り出すよりは、ふくさに包んで取り出す方がより丁寧な印象を受けるためおすすめです♬

実は、ふくさに包むことは「相手に礼儀を尽くす」という意味などがありますし、

ご祝儀袋を直接鞄に入れるよりも物理的にご祝儀袋を汚す心配もなくなります。

 

また、ふくさはお悔やみ事でも使用します。

そのため、色合いを間違えないように注意しましょう。

 

紫色は万能カラーと言われているため紫色のふくさが1つあればOK。これから準備される人はぜひ参考にしてみてください♬

 

ご祝儀を包むマナーその3

3つ目のマナーは、「縁起の悪い数字は避ける」ことです。

 

結婚式では、様々なルールがありますが数字に関しても同様です。

割り切れる数字などは縁起が悪いとされているため偶数のほかにも4や9などの数字は避けるようにしましょう!

 

 それぞれのご祝儀の相場は?

今まで、上司としてご祝儀を包む金額の相場などについて紹介してきましたが、ご祝儀の相場はそれぞれどれほどのなのでしょうか?

最後は、「関係性別にご祝儀の相場」について紹介していきます!

 

友人

まず最初に紹介していくのが友人としてご祝儀を包む金額の相場です。

 

結論としては、「3万円」が相場となっているようです。

2人の門出をお祝いする気持ちとして3万円が一般的な金額となっています。

 

同僚

次に紹介するのは、同僚としてご祝儀を包む金額の相場です。

 

こちらも友人同様「3万円」が最も多いそうです。

年代的には同じくらいという理由から3万円が一番多いのかもしれませんね。

 

親族

最後に紹介するのは親族としてご祝儀を包む金額の相場です。

親族の中でも、また金額の相場は変わってきます。

 

まず、従弟は友人や同僚と同様に「3万円」が相場となっているようです。

従弟は同僚と一緒で「年齢が近い」場合が多いことが理由となっているのかもしれません。

 

次に兄弟(姉妹)は、「5万円」が相場となっています

そして、叔父叔母に当たる場合には「10万円」を包むことも多いそうです。

 

 まとめ

いかがでしたか?

上司としてご祝儀を包む金額の相場について紹介してきました!

 

上司でも、主賓かそうでないかも金額は多少変動がありますし

ご祝儀は、関係性からも金額が変わってきます。

そして、気をつけておきたいマナーはいくつかあるため、必ず事前に調べてから包むようにしましょう♬

 

関連記事はこちら▼

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

京都で和装をご検討中の方はこちら
東京で和装をご検討中の方はこちら

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火水曜日