結婚式の「心付け」は必要?渡す相手や金額の相場を調べました!||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

結婚式の「心付け」は必要?渡す相手や金額の相場を調べました!

結婚式の当日、お世話になったお礼として渡すのが「心付け」。

最近では少なくなってきましたが、今も結婚式の習慣として残っています。

 

ですが「心付け」は本当に必要なものかどうか、渡す場合は誰に渡すのかなど、いろいろな疑問もあるようです。

今のカップル達はいったいどうしているのかも含めて、「心付け」に関して調べてみました!

 

 

「心付け」ってどんなもの?

心付けとは、結婚式の介添え人や美容師、カメラマンなど、式当日にお世話になるスタッフに対して渡す謝礼のことで、

金品で渡すのが一般的です。

海外でいう、いわゆる「チップ」にあたるものですね。

チップと違う点は、「今日はよろしくお願いします」いう気持ちが込められているところ。

 

また心付けには「お祝いのおすそわけ」という意味もあり、一緒に祝ってほしいという気持ちも込められているのです。

 

ローケーションフォトプランはこちら

「心付け」は絶対に渡さなくてはいけないの?

結論から言えば、「心付け」は必ず渡さなければならないものではありません。

最近の調査ですと、実際に心付けを渡している新郎新婦は50%未満といったデータも出ています。

 

心付けを渡さなかったからといってスタッフのサービスの質が下がるということはないので、その点を心配する必要はありません。

ホテルや式場によっては、すでにサービス料(介添え料)として結婚式費用に含まれていたり、「心付けは不要」というルールをあらかじめ伝えてくれるところもあります。

 

直接スタッフに聞いてもなんら失礼ではないので、事前にその点を確認しておきましょう。

現金ではなくプレゼントという形でお礼をしている新郎新婦も多くいるので、とくに形式にこだわる必要はありません。

 

「心付け」は誰に渡す?

心付けは渡さなくても失礼ではありません。

しかし「お世話になった人には気持ちを伝えたい」というカップルは多く、半数近くのカップルが心付けを渡しているのも事実。

 

では誰に渡すべきなのか?

先輩カップルに聞いてみたところ、おもに以下のような答えが返ってきました。

 

●ウェディングプランナー

●介添え人

●ホテル・式場のスタッフ(責任者や担当者)

●ヘアメイク&着付け

●司会者、カメラマン

●送迎バス運転手

 

中でもウェディングプランナーさんや、式場の担当スタッフさんなど、最初から最後までいろいろお世話をしてくれる人には渡したいという意見が多数でした。

 

「心付け」の相場は?

では心付けはいくら渡せばいいのか。

けっこう頭を悩ませるポイントですね。

ここでは金額の相場をお話していきましょう。

 

心付けの相場は渡す相手によって若干差があり、だいたい3,000〜10,000円が一般的です。

以下、参考までにご覧ください。


《渡す人金額相場》 

ウェディングプランナー:5,000~10,000円

介添え人:3,000~5,000円

式場スタッフ:5,000~10,000円

司会者・カメラマン:5,000~10,000円

送迎バス運転手:3,000円


 

どれくらいお世話になるかによっても渡す金額は変わってきます。

ただし、相手の負担になるような大金を包むのはやめましょう。

あくまで「気持ち程度」の金額にとどめておくのが常識ですので気をつけましょうね。

 

「心付け」を渡す際のマナーや注意点

それではここからは、心付けの渡し方や注意すべき点をお話ししていきます。

 

心付けを渡すタイミングは、結婚式が始まる前がベスト

心付けは「今日はよろしくお願いします」という意味もあるので、渡すなら結婚式が始まる前がベストです

渡すときには

「ほんの気持ちですがお受け取りください。今日はなにとぞよろしくお願いいたします。」

 などの言葉を添えると気持ちが伝わりますよ。
 

新郎新婦が直接渡せない場合は、親から渡してもらう

本当であれば新郎新婦の手から一人ひとりに手渡したいところですが、当日の二人は準備やら何やらで大忙しのはず!

なので、手が回らないときは両親や家族などから渡してもらいましょう。

ただし、渡す相手を間違えないように!

封筒に「誰宛て」ということを記入しておくか、付箋やメモを貼るなどしておくと安心です。

両家のどちらが負担するか決めておく

両家でお世話になる方への心付けは両家で折半が一般的です。

ただ、新婦だけがお世話になる着付け・ヘアメイク等は新婦側が負担するというパターンが多いよう。

 

また、何かと費用の面でお世話になることも多い実家ですが、どこまで費用を負担してくれるかなどはそれぞれ違うはず。

その点でトラブルにならないよう、あらかじめ両家としっかり話し合っておきましょう。

 

新札を準備するのが常識

心付けを入れる袋はご祝儀袋やポチ袋。

1万円未満であればポチ袋、1万円以上はご祝儀袋と使い分けるといいでしょう。

 

ポチ袋の場合はお札を折って入れることになりますが、それでも必ず新札を用意しておくのがマナーです!

 

まとめ

「心付け」は必ず渡す必要はなく、式場側によっては不要ルールを決めているところもあります。

でもやっぱり、自分達のために一生懸命になってくれる姿を見ると、感謝の気持ちを送りたくなりますね。

 

「ありがとう、お世話になりました」の気持ちを込めて、「心付け」を渡すのはいいこと♪

金品だけに限らず、お礼のお品などいろいろ考えてみてもいいかもしれませんね。

どちらにしても、みな全力であなたの結婚式をサポートしてくれることでしょう。

 

どうぞ良いお式をお迎えくださいませ♡

 

タガヤは結婚式をトータルサポート

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

京都で和装をご検討中の方はこちら
東京で和装をご検討中の方はこちら

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火水曜日