〖結婚式のお車代〗いくら払う?誰に払う?||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

〖結婚式のお車代〗いくら払う?誰に払う?

交通費・宿泊費だけじゃない!「お車代」とは?

結婚式を挙げる際に、新郎新婦が用意するお金に「お車代」があります。

「お車代」と聞くと「=交通費」のイメージが浮かぶかもしれませんが、本当のところはどういったものなのでしょうか?

 

今回は意外と知られていない「お車代」について、ご紹介していきたいと思います。

どなたにいくら払うのかなどの相場もご説明します。

 

ローケーションフォトプランはこちら

お車代の本来の意味は?

「お車代」は結婚式に出席してくれたゲストにお渡しする「お礼」のことです。

「交通費や宿泊費の足しにしてもらえれば」という新郎新婦の気持ちを込めてお渡しするため、一般的に「お車代」と呼ばれています。

 

とは言え「お車代」は出席者全員に渡すものではなく、通常は「特にお礼をしたいという人」に限られています。

 

それでは、どういった方にお渡しするのか、以下で詳しく説明していきましょう。

 

 

*遠方からのゲストへの交通費・宿泊費として

遠方からわざわざ足を運んでくれる方は、交通費や宿泊費などが近場の人達よりもかかるため、そのぶん負担も大きいですね。

そのため遠方のゲストに対して、せめてもの足しにしていただけるよう「お車代」をお渡しします。

 

 

*主賓・乾杯の挨拶を依頼した人への御礼として

主賓や乾杯の挨拶をしてくれた方には、お礼としての「お車代」をお渡しするのが一般的です。

また「お車代」は受付ではなく、依頼した側の親御さんからお渡しするのが通例なので注意してください。

 

*結婚式を手伝ってくれた人への御礼として

受付や司会、余興などを親しい友人や知人などに依頼することも多いでしょう。

その場合、お手伝いをしてくれた方にもお礼としての「お車代」をお渡しします。

 

*遠方からの親族

「お車代」は遠方から足を運んでくれた親族にもお渡しします。

ただし、親族間で「お互いお車代は出さない」というような話が出ている場合や、親御さんのほうで交通費や宿泊費をお渡しするケースもあります。

親族間でどういった取り決めになっているか、事前に親御さんに確認しておくほうが良いでしょう。

 

 

「お車代」の金額相場は?誰にいくら渡す?

お車代を渡す相手がわかったところで、次にそれぞれ相場とされる金額をみていきましょう。

 

*遠方からのゲスト

相場:かかる交通費の半額~全額

本来ならば、かかる交通費の全額を負担するのが望ましいですが、厳しい場合は半額をお渡しするのがマナーです。

他にも「お車代」の代わりに、宿泊費を新郎新婦側で持つ、ホテルの予約と支払いを済ませておくなどの方法もあります。

交通費が高額で負担が厳しい場合は、代わりとして宿泊費を負担するのが好ましいでしょう。

 

*主賓・乾杯を依頼した人

相場:1万円~

お礼は1万円からで、それ以下になるのはあまり好ましくありません。

主賓や乾杯の挨拶は会社の上司などに依頼することが多いと思いますので、今後お世話になることも含め、きちんと金額で気持ちを表したいものです。

 

 

*手伝ってくれた人

依頼する内容や、相手との関係性もあるので、あまり金額にこだわる必要はありません。

あくまでも相場の一例として、参考にしてみてください。

 

 

披露宴の司会をお願いした人

相場:2万円~3万円

大役を任されて披露宴の間ずっと頑張ってくれたねぎらいの気持ちを込めて、多少なりとも多めにお渡しすると良いでしょう。

披露宴が始まる前、もしくは終了後に両家どちらかの親御さんからお渡しします。

 

受付をお願いした人

相場:3千円~5千円

依頼した側の親御さんから受付が始まる前に渡してもらいましょう。

 

 

余興・スピーチをお願いした人

相場:3千円~5千円

結婚式の後、もしくは日を改めて新郎新婦からお渡しします。

 

上の2つは依頼した相手との関係性によっても変わってきますので、これに限りません。

後日、金額と同等の贈り物をしたり、お礼の食事会を開くなど、人によってお礼の仕方を変えても良いでしょう。

 

「お車代」を決める時のマナーや注意点

以上のように相場はありますが、実際の「お車代」をいくらにするかは、お2人で話し合ってみてください。

金額を決める際に注意すべきポイントがいくつかあるので、そちらもしっかり押さえておきましょう。

 

 

*多すぎず少なすぎない金額で

あくまでも参考とはいえ、「お車代」があまりに相場とかけはなれているのはいただけません。

多すぎると相手の気持ちにかえって負担を与えてしまいますし、かと言って少なすぎるのは失礼にあたります。

金銭的余裕のあるなしにかかわらず、常識の範囲を超えないようにしたいものです。

 

*キリの良い数字で

お渡しする金額は必ず1万円や2万円などキリの良い数字にして、端数は出さないこと。

交通費などで端数が出る場合には、少し上乗せしてお札で渡せる金額にしましょう。

 

偶数は「割り切れる」ということでご祝儀にはNGですが、「お車代」は偶数でも大丈夫です。

 

*同じ立場(役割)の人には同じ金額で

同じ役割を担ってくれた方々に対しては、一律同等にお渡ししましょう。

差をつけてしまうことで、後々そのことを知ったゲストが嫌な思いをしてしまうかもしれません。

後のお付き合いのことも考えて、金額は合わせておくよう配慮するのがベターです。

 

*ゲストが支払う費用は自分達で調べる

遠方のゲストにかかる交通費などは、新郎新婦が自分達で調べるのがマナーです。

ゲストに直接、交通費や宿泊費がどれくらいかかるかを問うのはマナー違反になるので注意!

どのような手段で来るのか、宿泊はするのかなどの確認はOKですので、そこからおおむねの金額を割り出しましょう。

 

*事前に一言添える

「お車代」をお渡ししたい旨を事前に相手に伝えておくと、当日お渡しする際に相手側も受け取りやすくなります。

「本当は全額お渡ししたいのですが…。」などの心遣いを示すことで、

相手も新郎新婦の気持ちを汲み取ってくれ、喜んで出席してくれるはずです。

 

まとめ

「お礼」の意味も含まれている「お車代」。

お渡しすべき人や金額の相場というものがあることを覚えておけば、結婚式の準備もスムーズに進みやすくなります。

最終的には新郎新婦が決めることとは言え、相手に不快な気持ちを抱かせないようマナーを守ってお渡ししたいですね。

 

Keywordキーワードで記事を絞って検索!

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

開催中ブライダルフェア一覧

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火曜日