*結婚式のスピーチ*誰に頼む?どう頼む||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

Free dial:0120-38-0801

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

*結婚式のスピーチ*誰に頼む?どう頼む

結婚式につきもののスピーチ。

新郎新婦の人となりやエピソードが分かるとても大切なものですね。

そんな大切なものだからこそ、誰に頼むか、時間はどのくらいにするかなどは大変気になるポイントです。

スピーチによってその結婚式の印象が決まると言っても過言ではありませんよ!

 

そんな大事なスピーチを誰に頼めばいいのか、頼む時はどうすればいいのか。

その際にどんなことを伝えればいいのかなど、失敗しないためのノウハウを伝授しましょう!

 

結婚式でのスピーチの種類は?

スピーチといってもその種類は様々で、種類によって依頼相手も変わるのが一般的。

まずはどんなものがあるのか簡単に挙げていきましょう。

 

①主賓挨拶(祝辞)

「主賓」とはゲストの中でもっとも社会的地位(格)が高い人のこと。

その主賓の内の一人が、ゲスト全員の代表として新郎新婦にお祝いの言葉を述べるのが「主賓挨拶」です。

②乾杯の挨拶(音頭)

主賓挨拶の後に、ゲスト全員で乾杯をします。

この時に披露宴のスタートとして「乾杯!」と「音頭」をとるのが「乾杯の挨拶」。

乾杯の声掛けの前に簡単な挨拶やお祝いの言葉を添えるのが一般的です。

③歓談中のスピーチ(友人代表スピーチ)

乾杯後、披露宴が本格的にスタートし、お料理が運ばれてきます。

その食事中にゲストからお祝いのスピーチが述べられるのが、いわゆる「友人代表スピーチ」。

スピーチをする人は、親しい友人など新郎新婦の交友関係の中から選ばれることが多いようです。

 

ローケーションフォトプランはこちら

誰に頼むか?

①主賓挨拶

主賓挨拶はゲストの中でもっとも社会的地位が高い人に依頼するのが一般的なようです。

ですが「一番格が高いゲスト」は必ずしも当てはまるわけではなく、新郎新婦との関係性によって直属の上司だったり、入社以来長くお世話になった方だったりと変わってくると思います。

学生時代の恩師に頼むという人も少なくありませんし、身内や親しい友人だけを招待した結婚式では、一番近しい相手や親戚代表にお願いするケースがみられます。

 

やはり場を締める重要な役割なので、「この人ならば!」と期待に応えてくれる人にお願いしたいもの。

困った時は周りの意見も聞いてみながら、あまり常識を外れない範囲で決めるといいでしょう。

 

 

②乾杯の挨拶

乾杯は主賓挨拶に次ぐ「準主賓」格の人に頼むことが多いようです。

また、新郎新婦どちらかのゲストが主賓挨拶を述べた場合、もう一方側のゲストが乾杯挨拶を行うパターンも多く見られます。

「乾杯」は周りの皆にはっきりと大きく聞こえるよう発声していただかなくてはなりません。

また長いスピーチで間延びさせてしまうよりも、短くてもキリッと場を締めてもらえる方が好ましいです。

 

式を始めるとして乾杯の音頭はとても大切なので、場の雰囲気や状況をうまく読み取って舵をきれる方に依頼するのがポイントでしょう。

 

③歓談中のスピーチ

歓談中のスピーチは別名「友人代表スピーチ」とも呼ばれ、文字通り新郎新婦の友人などが選ばれます。

人数としては多くて新郎新婦それぞれから2〜3人ずつ、少なくても1人ずつというような感じです。

特に決まりはないのでスピーチの代わりに余興を披露したりと、披露宴の時間配分や演出などで自由に決めてかまいません。

 

ただしスピーチを頼んだ場合は「新郎新婦から何人ずつ」と、必ず人数を揃えてバランスを合わせましょう。

 

挨拶を依頼する際のマナー&NG行動!

スピーチを頼む相手が決まったら、次は頼み方です。

どうやって依頼するのがいいのでしょうか?

 

まずはできるかぎり早い時期に、以下の3点を相手に伝えることがポイントです。

1.結婚することを報告する
2.
結婚式への出席を承諾してもらう
3.
祝辞を承諾してもらう

 

できるだけ招待状作成前に依頼すること

スピーチはやはり相手方も準備が必要なので、できる限り早めに依頼して出席の確認と祝辞の了承をもらいましょう。

タイミングとしては招待状を送る前がベストです。

招待状を送ったのち、出欠の確認を終えてから依頼をするケースもありますが、やはり大切な役割をお任せしたい相手には前もってお願いしておくのがマナー。

「ぜひお願いしたい」という気持ちを熱意を込めて伝えましょう。

 

 

 できるだけ直接会って依頼する

スピーチをお願いする時は、できる限り直接会って依頼するのが好ましいです。

特に主賓としてお迎えしたい方達にはなおさら。

主賓としての出席にOKをもらった上で、主賓の祝辞をお願いしましょう。

 

遠方でなかなか会えないなど直接お願いするのが難しい場合は、手紙や電話で丁寧に依頼しましょう。

親しい友人などなら大丈夫でしょうが、目上の方や役職の上の方にメールなどで依頼するのは失礼に当たるのでNGですよ。

 

直近の依頼や無理強いは厳禁!

祝辞の準備もあるので、スピーチ依頼はできるだけ早めに。

結婚式直近でのお願いはマナー違反ですし、「誰かの代わりかも?」と相手に思わせてしまうかもしれないので厳禁です。

 

また、断られた相手に無理強いすることもNG。

しつこく食い下がったりせずに、気持ちを切り替えて他の人を探しましょう。

 

そういった点も考慮しながら、早め早めに行動しておくことが大切です。

 

披露宴の進行も伝える

スピーチを依頼した相手には、披露宴の進行状況を大まかに伝えておくと親切です。

「いつ話すのか」「時間は何分くらいとってあるか」「他に何人スピーチする人がいるのか」など。

他にも「話してほしい新郎新婦のエピソード」や「どういった雰囲気の披露宴にしたいのか」なども伝えておくとスピーチも考えやすくなります。

 

特に主賓挨拶は、披露宴の雰囲気を担う大切な場面。

主賓の方が祝辞を述べやすいように、簡単な情報を前もって伝えておくことをおすすめします。

 

まとめ

スピーチを頼む相手は「誰でもいい」などと思ってはいけません!

意外にも結婚式の雰囲気や印象を決める大切なポイントになるスピーチ。

よく考えて「この人に心からお祝いしてほしい」と思える、信頼できる人にお願いしましょう。

その熱意と思いが伝わったら、きっと素敵なスピーチを用意してくれるはずですよ♪

 

News & Blog 一覧へ

アレンジ自由!和装コーディネートフェア

\小物の色合わせから髪型までじっくり相談/

京都で和装をご検討中の方はこちら
東京で和装をご検討中の方はこちら

ご予約・お問い合わせはこちらから お急ぎの予約・お問い合わせはお電話の方が確実です

営業時間(店舗共通):【平日】11:00-19:00【土日祝】10:00-19:00 定休日:毎週火水曜日