振袖と留袖の違いは?-わかりやすい着物知識||神社結婚式、和装レンタル、和装前撮りの京都タガヤ

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース

京都の神社/仏閣挙式、和装レンタル・和装前撮りの総合プロデュース 京都タガヤ和婚礼

TAGAYA INFORMATION News & Blog

和婚の豆知識

振袖と留袖の違いは?-わかりやすい着物知識

着物には種類があるのをご存知ですか?

成人式の時に着る振袖や色留袖、黒留袖などなど。

皆様がご存知のお衣裳もたくさんありますよね。

しかしその違いを明確に分かる人はほとんどいません。

今回はフォーマルな着物の中で似て非なる振袖と留袖の違いについてご紹介したいと思います。

 

 

1.着物の種類

フォーマルな着物は大きく分けて5種類あります。

振袖、黒留袖、色留袖、訪問着、付下げです。

 

正装用の着物は基本的に、結婚式・叙勲などの儀式で着られることが多いものです。

女性の方は成人式で振袖をお召しになられた経験もあると思います。

ふさわしいお衣裳をお召し頂き、TPOを守って素敵なお時間をお過ごし頂ければと存じます。

 

 

2.振袖とは

最初にご紹介するのは振袖です。

振袖は成人式で見た事があるという方がほとんどだと思います。

ではその振袖の特徴やどの場面で着るものなのかご紹介します。

 

①振袖とは

振袖は未婚女性の正装と言われます。

袖の長い着物で袖の長さで大振袖、中振袖、小振袖に分類されます。

 

結婚式できるものは大振袖、成人式で着るものは中振袖が多いですね。

袖が長いほど格式が高いともいわれています。

 

近頃は伝統的な模様ではなくモダンな模様も多く見られますね。
長い袖丈と華やかな着物は日本人女性にとても似合います。

 

 

②振袖のTPO

前述した通り振袖は未婚の女性の正装です。

成人式や結婚式、結婚式のお呼ばれなどに着ます。

年齢制限はありませんが若めの人が着る印象が強く、20代までの方が着るのが一般的です。

 

3.黒留袖とは

次にご紹介するのは黒留袖です。

では黒留袖の特徴やどの場面で着るものなのかご紹介します。

 

①黒留袖とは

黒一色の着物で、三つ紋が入っている着物です。

黒留袖は既婚女性が着る一番の礼装で、とても格式の高いものとなっています。

振袖と違い袖は短くなっています。

新郎新婦の親族などが黒い着物を着ているのを見たことありますよね。

 

②黒留袖のTPO

黒留袖は格式がとても高いので結婚式や披露宴の時に着られる着物です。

結婚式でも新郎新婦の親姉妹といった近親者のみが着ることができます。

格式が高いので重要な行事以外では着ないようにしましょう。

 

4.色留袖とは

次にご紹介するのが色留袖です。

 

①色留袖の特徴

色留袖とは黒以外の色の留袖のことをいいます。

振袖と同じようにたくさんの模様があるのですが、袖が長くないのが違いです。



本来は既婚女性の正装ですが、最近では未婚の女性が着ることも多いようです。

これは晩婚化が進み、歳をお召になられた未婚の女性が振袖を着るのがためらわれる場合など、

年齢相応の着物ということで未婚女性着られるようになったのが元と思われます。

 

②色留袖のTPO

色留袖は黒留袖ほど格式は高くありませんがフォーマルな着物です。

結婚式やパーティーなど正装をしていく場合によく用いられます。

 

多様に対応出来るのは色留袖でしょう。

また叙勲などで宮中に参内する場合は色留袖を着用するのが慣例になっています。

 
 

 

5.TPOを意識した着物で*

いかがでしたでしょうか。
このように振袖と留袖はどちらもフォーマルな着物で、
未婚か既婚か、そして年齢によって違いがあります。
ぜひTPOを守った着物を着て、お祝い事に参加してくださいね!
 
 
 
他にも着物についての質問、ご相談がある方はなんでもお問い合わせください。
お問合わせはこちら
 
fair
News & Blog 一覧へ

京都タガヤ 和婚サロン

Free dial:0120-38-0801

営業時間:
【平日】11:00-19:00
【土日祝】10:00-19:00
定休日:毎週火曜日